「太陽光発電+農業」で土地利用の集約化を促進 河北省南宮市

极速飞艇开奖app

2018-06-01

27日、南宮市大村郷花盆村の農地に設置された太陽光発電設備のメンテナンスをする作業員。 【新華社南宮5月29日】中国河北省南宮市はここ数年、土地の総合的利用率向上に政策の軸足を定め、「太陽光発電+農業」という新しい発展モデルを模索、「農光互補」(農業と太陽光発電が相互に補完し合う)新エネルギープロジェクトの建設を積極的に推進してきた。

発電を行うソラーパネルの下では農業生産が行われ、現存農地を活用しつつ「1土地2用途」を実現している。 農民は土地賃貸料や農業パークでの就業、土地の返租耕種(使用権を貸し出した土地の一部を低額で借り戻し耕作を行う)を通じ、さまざまな利益を得ることができる。 同市は現在、「太陽光発電+農業」のモデル基地をすでに780ムー(約52ヘクタール)開発し、地元農民たちに経済的利益をもたらしたほか、土地利用の集約化を促進した。

(新華社記者/朱旭東)。

「太陽光発電+農業」で土地利用の集約化を促進 河北省南宮市